トップページ

新着記事

2022/10/5

読書する人だけがたどり着ける場所: 斎藤 孝

「読者」がいなくなった時代 読書は「体験」なのです。実際、読書で登場人物に感情移入しているときの脳は、体験しているときの脳と近い動きをしているという話もあります。 → 読書は体験。なるほどですね。中々そこまでの感情移入ができる本と出会えない、またはその波長というかですね、良い本でも読むタイミングがあるようで、その時の自分の心の環境によって異なりますね。そこで多読によって、自分の波長にあった本を読むことが必要なのかなと思ったりします。 専門バカになってはいけない 専門分野は当然詳しいのでしょうが、そのバック ...

続きを見る

2022/10/4

[Cakephp2→4]コントローラ編: Cake2と4間でSessionを共有する

Cakephp4でセッションを書き込んだ後、Cake2側で読むことができない場合、「同じセッション名を指定しているか」ということを疑ってみてください。 ちなみに、POSTリクエスト時などに、セッションが消去されるなどの場合は、こちらの記事へどうぞ 例: 書き込んだセッションが読み込めない問題 ■ Cake4側 $this->getRequest()->getSession()->write('Hoge', $this->Auth->User('id')); $this-&gt ...

続きを見る

2022/9/30

[Cakephp2→4]モデル編: トランザクションの移行

Cakephp2: トランザクション例 try { $this->begin(); // なんか保存系の処理とか $this->commit(); } catch (Exception $e) { $this->rollback(); throw $e; } トランザクションの処理の書き方は大体決まっているので、おおよそCake2で実装されているのは、例に示したような感じになると思います。 Cake4に移行する際はConnectionManagerをuseして利用する形になります。 Ca ...

続きを見る

2022/9/28

[Cakephp2→4]モデル編: CakeLog::write() → Log::write()

Cakephp2のログ書き込み Cakephp2でのログ書き込み時、CakeLog::write() または、$this->log() を利用します。 https://book.cakephp.org/2/ja/core-libraries/logging.html#writing-to-logs   Cakephp4のログ書き込み Cakephp4では、Log::write() を使用する形がお手軽です。 ※$this->log() でもよさげだけどデフォルト undefined ...

続きを見る

2022/9/19

本を読む人だけが手にするもの: ハイライト

「本を読む人だけが手にするもの」。タイトルが見事にささり、読みました。本を読む習慣をつけるようになって、まず本を選ぶセンスがないことに気づき、 「読書とは何か?」という、そもそも読書に対する本質というか、漠然として本を読み続けるのも、時になんだかなあという気持ちになります。そんな中で、読書を知るための本が好きになりました。早速自分がハイライトした部分を紹介します。 ■序章: 成熟社会では本を読まない人は生き残れない 「それぞれ一人一人」の幸福をつかむための軸となる教養は、自分で獲得しなければならない。その ...

続きを見る

おすすめ記事