新着記事

2024/2/26

【Cakephp4/Git】pre-commitを導入して、コミット時にphpcsチェックを自動化する方法

PHP CodeSniffer(phpcs) は、コードを一定の規約に沿って管理してくれるものでWEB開発においてとても重要な役割を担っています。 例えば一つのサービスを複数人で開発するとしても、同じコードの書き方を良い意味で強要されるので、PSRなどの規約に沿った品質の高いコードを担保できます。 ■ PHP CodeSniffer https://github.com/squizlabs/PHP_CodeSnifferhttps://github.com/squizlabs/PHP_CodeSniffe ...

続きを見る

2024/1/16

【VSCode/GitHub】新環境での初コミット時にuser.nameとuser.emailを設定する方法

新たな環境でのコミット作業時、user.nameとuser.emailを設定していないと、以下のようなエラーが出ます。 「Gitログを開く」をクリックするとVSCodeのターミナルの出力タブが開かれ、以下のようなメッセージがあります。 *** Please tell me who you are. Run git config --global user.email "you@example.com" git config --global user.name "Your Name" メッセージ通りに自身 ...

続きを見る

2023/12/16

【Cakephp4】Chronosで年月日、曜日、時分秒をi18nFormatで表現する

CakePHP4で datetime カラム、Chronos 型の年月日と曜日、時分秒を表示させたい場合は i18nFormat() を使用して表現します。 Chronosをi18nFormat()で曜日含めてフォーマット // 年月日(曜日)時分秒 <?= $entity->created->i18nFormat('yyyy/MM/dd (E) HH:mm:ss') ?> 上記コードはカッコの中の E の部分が曜日になります。それ以外はなんとなしに想像できるはず。 ■ Cakep ...

続きを見る

2023/12/12

【VSCode】php.validate.executablePathアラートを解決する

とある日、VSCodeを起動した際に以下のようなアラートがでました。 「PHP のインストールが見つからないため、検証できません。PHP実行可能ファイルを構成するには、設定 php.validate.executeablePath を使用します。」 どうやら、php実行ファイルの場所がわからないとのことで、その場所(パス)を指定すればよさそうですね。 以下、この警告アラートの解決方法です。 ① setting.json を開く 上記アラートから「設定を開く」で以下画面に遷移します。その後、「リモート」のタ ...

続きを見る

2023/12/9

【Cakephp4】beforeMarshalが不要な場合はgetEventManagerをoffに

Cakephp4 にて、newEntity() メソッドを呼び出す際のライフサイクルにて、beforeMarshal() を実行しないようにするには、以下のようにコードを書くことができます。 beforeMarshal() を一時的に無効化 $table = TableRegistry::getTableLocator()->get('YourTableName'); $originalBeforeMarshal = $table->getEventManager()->off('Mod ...

続きを見る

おすすめ記事