Git ツール プログラミング

[Git]プルリク前に作業ブランチを最新にする方法[git rebase]

開発業務をしている間に、マスターブランチがどんどん更新され、作業ブランチが古くなってしまう。

こんなケースは特にチームで開発をしていると、よくあるパターンですね。

 

そこで役立つのが「git rebase」コマンドです。

自分は常日頃、開発作業が終わり、プルリクを出す前にいったんブランチを最新の状態にしておくことを心掛けています。

そうしておけば、コンフリクトの可能性も減らすこともできますし、追加された機能やレイアウトなどをレビュー時に混同しなくて済むからです。

もし、ブランチが古い状態のままでは、特に、大きな変更があった場合、最悪、動かないケースも出てきます。

 

Gitで作業ブランチを最新状態にする方法

1. 作業ブランチが終了したら、ブランチをmaster(main)にする

まず、作業が終わったら、ブランチをmaster(main)にします。

 command
git checkout master

 

2. masterを最新の状態にする

ブランチをmasterに切り替えたら、次はGitHubなどリポジトリ上でマージされたものをプルしておきます。

 command
git pull

これで、チームメンバーがプルリクを済んで、マージされた更新履歴を取り入れることができました。

 

3. ブランチを作業ブランチに戻す

masterを最新の状態に戻した後、元の作業ブランチに切り替えます。

 command
git checkout 作業ブランチ名

作業ブランチに戻りました。

 

4. git rebaseを発動する

さて、最終段階です。masterを最新にしましたので、それを作業ブランチに取り込みます。

 command
git rebase master

これで、masterの最新の状態が作業ブランチに取り込むことができます。

イメージ的には、作業ブランチを切った最初のコミット履歴のすぐ下にmasterの作業履歴が入る。という感じ。(すげーな)

 

最後に

Gitは従来の基礎コマンドの他にも、少し手を伸ばすだけで本当に便利な開発ツールです。

ぜひ、覚えておくと便利だと思います!

(気が付けばGitのちっぷすも増えてきたので新たにカテゴリつくろかな・・)

 

-Git, ツール, プログラミング
-