WEBエンジニア 基礎知識 迷い人

40代未経験からWEBエンジニアになれるのか勝手に考えてみた

悩む人
40代未経験で、スキルを身に付けるためにWEB業界への転職を考えています。できるでしょうか?

 

結論から言うと、「かなり難しい」というのが正直なところ。なにごとも絶対に無理だとは言い切れませんが、かなり厳しいです。なぜ、難しいか、一緒に考えてみましょう。

結論: 環境によるが、「ほぼ無理」

先に結論を述べてしまいますが、40歳になってから、IT系の業界に転職するにはかなり厳しいと思います。WEB系エンジニアとして働き始めて10年ほどの自分でも転職するタイミングもありましたが(コロナ禍の始まりだった・・)、転職活動を終えるのに約1年近くの月日が必要でした。

 

その時の生々しい様子はコチラです。

40代転職の実情と感じたことを述べます【前編】

続きを見る

 

40代未経験でIT系の世界に飛び込むのは、「飛び込もうとしても飛び込ませてもらえない現実」が待ち受けていると思います。自分は30歳で未経験からIT業界へ転職しましたが、今現在でもベテランエンジニアを見ていると始めた時期は遅かったと感じています。(もっと夢中になれる時代が欲しかった的な意味合いも含みます。科学的にも証明されてますが、一般的に年齢を取るほど色々な責任なども増え、何かに対しての熱度を保ち続けるのは難しいです)

 

自分はもともと底辺で、勉強する意味を感じることができなければしないタイプ。勉強するのが今となっては楽しいと感じることができていますが、昔はそんなのダルいと思っていました。もち、学歴も雑魚以下。自分が興味を持った時に、能動的に学ぶ。きちんと動機がないと勉強ができないタイプです。

そんな中で、特に十代は何かに興味を持ちやすい年齢、好奇心も豊富なので、ベテランエンジニアと言われる人は自分の好きなことを夢中になる中で知らず知らずのうちにスキルが身に付いていた。というのもあると思います。

 

好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、自分は「WEBエンジニア」という職業は今では好きですが、もともと大好きでなった、という経緯もありません。

 

以下、過去にツイートしました。

「WEB」という世界は開発手法も進化し続けています。数年前のシステムはほぼ「レガシー化」します。(まま、きちんと運用を考えた実装になっていたり、テストコードがあれば、レガシー化することなく長期運用は可能ですが、おおくは負の遺産を抱えたシステムになりやすいです)

技術に興味をもって勉強をし続けなければいけない世界でもあるので、若い時代からWEBに興味を持ちエンジニアをやってきた、という人は勉強というより、興味を持って「なぜ?」を突き詰めることが好きなのだろうなと感じています。

 

そんな積極的思考を、40代未経験からWEBエンジニアとして「ゼロ」やっていけるかと考えた時、答えとしては、ほぼ無理だろうな、難しいだろうなという結論に至ります。

次は具体的に何が難しいのか考えてみます。

IT専門用語になれるのが厳しい

人は新しい言葉に慣れるのに、四苦八苦します。それは大人になってからは特に苦になります。

ましてや、おじさんになるともっと苦になります。おじいちゃん?いうまでもありません。スマホなんて知りたくもないのです。マイナポイントぐらいでめんどくさくなるのですから。

という流れを考慮すると、年齢を重ねれば重ねるほど、新しいことに億劫になりがちです。

40歳になってからIT未経験でプログラマーになろうと思うと、最初はIT専門用語の多さに腰が引けると思います。

 

ですので、まずは、「独学プログラマー」という本や、IT専門用語解説本などを一読してみて、全く抵抗がないというのであれば、先へ進むという道もアリだと思います。

 

自分は、最初の頃、IT専門用語の多さで頭が痛い毎日を過ごしていました。いかんせん、パズルの様に最初は単語の意味がつながらないんですよね。なので苦そのものです。振り返ると、まだ独身の30歳だったからこそ、乗り越えられたと思います。

 

だって、自分のことさえ考えていれば良いのですから(まじ幸せ)ただ、一年ぐらいは家に帰ってから勉強する体力もなく、ただ耐えつつ、少しずつIT専門用語群に慣れていく日々を過ごしていました。

ちなみに、全く未経験でも頭に入ってきた専門書を紹介します。

まずは「どうやってインターネットはつながっているのか」ということを知ることも重要です。図解で頭に入ってきやすかったです。

 

次は、作らなければ何も始まりません。プログラミングなんて二の次、三の次です。

どうやってブラウザの画面が構成されているのかを知るためにHTMLとCSSを組んでみて、実際に自分で作った成果物を作ることが重要です。

 

ある程度のWEBブラウザでHTMLを組むのになれたら、プログラミングの出番です。「パーフェクトPHP」という本が好きだったのですが、さすがに古すぎるので、改訂され続けているものが良いでしょう。PHPに関することが詳しく解説されているので「独習PHP」オススメ。

まだまだ未経験の方に勧めたい本がありますが、それはまたいずれ別記事にしたいと思います。

40代を越えてから全く新しい分野はどの世界でも厳しい

すでに述べたことですが、もう少し話題の深堀りをします。


まったく違う世界に飛び込むことは、どの年代でも精神的にも体力的にも厳しいと思います。(たとえ環境にある程度馴染みやすい子供でも同じ)

同じ業種でも転職をするだけで、職場における人間関係はリセットされてしまうため、最初は精神的ストレスが発生するものです。それが未経験の世界だと中々、、想像だけで辛いのは想像できるかと思います。

「何かを始めるのにすでに遅し」という言葉は個人的に嫌いですが、それなりの覚悟、いや、40歳を超えて未経験の分野を飛び込むことは、それ以上の覚悟を持って挑む必要はあるのだろうと感じます。

誰でも、継続的に同じ企業で気持ちよく働けるのであれば、それがベストでしょう。でも、何か人間関係に不満が出てきたり、理不尽なことが起きたり、考え方が変わったり、人生何が起きるかわかりません。

 

今は「数か月でWEBエンジニアになれる」という謳い文句で、プログラミングスクールを開いているビジネスが良くありますが、そんな簡単な世界ではありません。

何事も興味本位でやってみるのは全然ありですが、40歳を超えてからエンジニアとして仕事をしていくならば、しばらくは土日含めて勉強しても苦にならないぐらいでないと、ぐっとスキルを伸ばし、巻き返しを期待するのは難しいと思います。

ただし、業務さえありつけることができれば、まじめに数年取り組めば結構やれるぐらいにはなれますよ。人によるかもですが。(特定の言語でプログラミング業務ができるという範囲であれば)

何でも挑戦は大事なので、「それでもやるんや!」という方は応援したいです。

 

次は、「そんなん無理やでーキツいでー」っていうのは簡単なので、40代未経験から成り上がるにはどうしたらいいかを少し考えてみたいと思います。

(それでもやるなら)まずはフリーランスで無理やり案件をこなす

恐らく、40歳を超えて、WEB開発業務未経験で就職するのは、ほぼ無理ゲーだと思います。なので、もしやるならフリーランスになって、さっさとポートフォリオを作ってしまいましょう。

別にユーザーを獲得する必要なんぞありません。自分が気に入るポートフォリオを作ったらいいと思うし、自分中心でかまいません。自分もこのブログもそうだけど、「ダンスルーツ」っていうダンサーのための情報共有SNSを作った過去もあります(もち、売れず。でもそんなの関係ないです)

 

ポートフォリオは今している仕事をつづけながら、放課後にやるのがいいと思います。「WEBエンジニアになるー」って気持ちが先ばしっても、絶対に辞めない方がいいです。(ロクなことにならないので)

仕事が終わった後に少しずつ開発を進めて、自分のホームページや簡単なWEBシステムを作ってみることです。

 

その後に、クラウドワークスや、ランサーズなどでプロフィールにそのポートフォリオリンクを貼っておいて、激安単価で案件を勝ち取る。で、実績を無理やり作ってしまう方法が良いと思います。

その後は、リモート週2日などの案件に参画し、開発業務をこなす、などの方法が、体力勝負ですが、実績を積み上げるという意味では最初から就職よりも可能性は高いと思います。

 

ある程度、実績を積むことができたら、社内SE(社内システムエンジニア)などで、さほど深い技術を必要としない業種を選ぶことが「吉」です。体力に自信のある方はSESや受託開発などでゴリゴリやっていくのもあり。(もう一度言いますが体力は必要。でも伸びますね)

社内SEの情報システム部として業務で使うPCのメンテナンスや、ホームページの更新、ヘルプデスクなど多岐にわたって仕事は転がっています。

そうした、段々とIT関連業務に馴染んでいくことで未経験からWEBエンジニアへの道が切り開かれていくことが考えられます。

 

というか、自分がそうだったんですけどね。(当時30歳でギリ未経験でブラック企業入れました。最初は組織に入ることができれば何でもOKです。1年もやれば実績はつくので)

実績を作った後に転職活動を

40歳ともなると、何かの実績があるのとないのとでは「雲泥の差がある」ということです。エンジニア募集している企業はどんな企業であってもスキルがある、業務をこなせる人であることが大前提です。その上で人として企業に馴染めそうか、お互い切磋琢磨できそうか、という観点で判断されます。

40代はエンジニアとしては当然として、リーダーとしての経験とか、管理職に就いたことがあるかとかも含め、よりハードルは高くなるでしょう。

いくら異分野の管理職に就いた過去があったとしても「WEB開発は未経験です」ってなると、どの企業もスルーされるのは目に見えています。

 

なので、とりあえず何でもいいので案件に携わり、その案件をこなすことによって、実績をつける。そうすれば、プロとしてお金をいただいているのですから、仕事として成り立ったということになります。履歴書・職務経歴書にも自信を持って書けます。

もう一つアドバイスできるとすれば、WEBエンジニアになりたいとしても、今までの職歴に関連した業種のIT部門がないかを考えると良いと思います。そうすれば、その分野の企業と関連した知識をお持ちということになるので、少し毛の生えたエンジニアスキルであっても重宝される可能性はぐっと高まると思います。

 

自分は決してスキル的には優秀なWEBエンジニアだとは思いませんし、これからも日々勉強し、学ぶことに終わりはありません。

40歳を越え、何か新しいことを始めようと思う前に、今までやってきたことを少しでも活かせることは何かを自分自身で考えてみるべきです。答えは、自分にしかわかりません。職歴は立派なスキルなので、それを組み合わせて、できるだけ自分の得意な方へ綱渡りしていくことが成功への近道だと思います。

 

そうした「スキルとスキルの掛け算」をしていくことで、一般的に無理だと感じられる壁をも破るキッカケになると思います。

 

まとめ

  • 40代未経験から新しい分野への挑戦はどの世界でも厳しい
  • それでもやるなら、まずはポートフォリオを作成し、簡単な副業として実績を積む
  • スキルとスキルの掛け算で勝負していく

-WEBエンジニア, 基礎知識, 迷い人
-,