WEBエンジニア 迷い人

40代未経験からWEBエンジニアになれるのか勝手に考えてみた

悩む人
40代未経験で、スキルを身に付けるためにWEB業界への転職を考えています。できるでしょうか?

 

結論から言うと、「かなり難しい」と思います。絶対に無理だとは言いませんが、かなり厳しい。なぜ、難しいか、考えてみましょう。

 

 

 

結論: 環境によるが、「ほぼ無理」

先に結論を言ってしまいますが、40歳になってから、IT系の業界に転職するにはかなり厳しいと思います。

WEBエンジニアとして働き始めて10年ほどの自分でも転職するタイミングもありますが(コロナ禍の始まりだった・・)、転職活動を終えるのに約1年近くの月日が必要でした。

 

その様子はコチラです。

40代転職の実情と感じたことを述べます【前編】

続きを見る

 

40代未経験でIT分野の世界に飛び込むのは、「飛び込もうとしても飛び込ませてもらえない現実」が待ち受けていると思います。

僕は30歳未経験からIT業界へ転職しましたが、今現在でも上級エンジニアを見ていると遅いと感じています。(もっと夢中になる時代が欲しかった的な意味で。おじさんになると・・)

 

僕は少なからず、ずーっと勉強するのが楽しいと感じているタイプではないです。学歴も雑魚以下。自分が興味を持った時に、調べて学ぶ。きちんと動機がないと勉強ができないタイプです。

そんな中で若い時代(特に20代)は興味を持ちやすい年齢なので、ベテランエンジニアは夢中になる中で知らず知らずのうちにスキルが身に付いていた。というのも良く見られるパターンです。

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、僕は特段、自分のエンジニアという職業はどちらかというと好きですが、大好きでなった、という経緯もありません。

 

以下、過去にツイートしました。

40代になると、興味を持つ対象も若い時代に比べ、減少する方が多いと思います。ですが、若い時代から、現在まで培ってきたもの(大好きな趣味とか)の延長線上にあるからこそ、興味を持てるものもあると思います。

「WEB」という世界は開発手法も進化し続けています。数年前のシステムは完全に「レガシー化」します。勉強をし続けなければいけない世界でもあるので、若い時代からWEBに興味を持ち、エンジニアをやってきた、という人は勉強というより、興味を持ち続けることができるのだろうなと感じています。

 

そんな自己発現的な感覚を、40代未経験からWEBエンジニアとしてやっていけるかと考えた時、答えとしては、ほぼ無理だろうなという結論に至ります。

 

IT専門用語になれるのが厳しい

人は新しい言葉に慣れるのに、四苦八苦します。それは大人になってからは特に苦になります。

ましてや、おじさんになるともっと苦になります。おじいちゃん?いうまでもありません。スマホなんて知りたくもないのです。ぺいぺい?なんじゃそら。

 

という流れで、年を重ねれば重ねるほど、新しいことに億劫になりがちです。

40歳になってからIT未経験でプログラマーになろうと思うと、最初はIT専門用語の多さに腰が引けると思います。

 

ですので、まずは、「独学プログラマー」という本や、IT専門用語解説本などを一読してみて、全く抵抗がないというのであれば、先へ進むという道もアリだと思います。

 

僕は、最初の頃、IT専門用語の多さで、頭が痛い毎日を過ごしていました。いかんせん、パズルの様に最初は単語の意味がつながらないんですよね。

振り返ると、まだ独身の30歳だったからこそ、乗り越えられたと思います。

 

だって、自分のことさえ考えていれば良いのですから。(幸せか)

ただ、一年ぐらいは家に帰ってから勉強する体力もなく、ただ耐えつつ、少しずつ語群に慣れていく日々を過ごしていました。

 

40代を越えてから全く新しい分野はどの世界でも厳しい

すでに述べたことですが、もう少し深堀します。


まったく違う世界に飛び込むことは、どの年代でも精神的にも体力的にも厳しいと思います。(たとえ環境にある程度馴染みやすい子供でも)

同じ業種でも転職をするだけで、最初は精神的ストレスが発生するものです。それが未経験の世界だと中々、、想像だけでエグい。

 

何かを始めるのに遅いという言葉は嫌いですが、それなりの覚悟、いや、40歳を超えて未経験の分野を飛び込むことは、それ以上の覚悟を持って挑む必要はあるのだろうと感じます。

誰でも、同じ企業で気持ちよく働けるのであれば、それがベストでしょう。でも、何か人間関係に不満が出てきたり、理不尽なことが起きたり、考え方が変わったり、人生何が起きるかわかりません。

 

今は「数か月でWEBエンジニアになれる」という謳い文句で、プログラミングスクールを開いているビジネスが良くありますが、そんな簡単な世界ではありません。

 

何でも興味本位でやってみるのは全然ありですが、WEBプログラミング系の勉強を四六時中やっても苦にならないぐらいでないと、ぐっとスキルを伸ばし、巻き返しを期待するのは難しいと思います。

ただ、業務さえありつけることができれば、まじめに数年取り組めば結構やれるぐらいにはなると思います。(ある一定の言語でプログラミング業務ができるという範囲であれば)

 

何でも挑戦は大事なので、それでもやるんや!という方は応援したいです。

次は、無理無理いうのは簡単なので、40代未経験から成り上がるにはどうしたらいいかを少し考えてみたいと思います。

 

(それでもやるなら)まずはフリーランスで無理やり案件をこなす

恐らく、40歳を超えて、WEB開発業務未経験で就職するのは、無理だと思います。

なので、もしやるならフリーランスになって、ポートフォリオを作ってしまいましょう。

 

もし、現在働いているのならば、絶対に辞めない方がいいです。(ロクなことにならないので)

仕事が終わった後に少しずつ開発を進めて、HP(自分のホームページ)や簡単なWEBシステムを作ってみることです。

 

その後に、クラウドワークスや、ランサーズなどで激安単価で案件を勝ち取る。で、実績を無理やり作ってしまう方法が手っ取り早いと思います。

その後は、キャリーミー(案件紹介エージェント)とかで、リモート週2日などの案件に参画し、開発業務をこなす、などの方法が、体力勝負ですが、実績を積み上げるという意味では現実的だろうなと思います。

 

ある程度、実績を積むことができたら、社内SEなどで、さほど深い技術を必要としない業種を選ぶことが吉だと思います。

 

情報システム部として業務で使うPCのメンテナンスや、HPの更新、ヘルプデスクなど多岐にわたって仕事は転がっています。

そうした、段々とIT関連業務に馴染んでいくことで未経験からWEBエンジニアへの道が切り開かれていけそうな気がします。

 

というか、僕だったら、そうしようかなという考えです。

 

実績を作った後に転職活動を

要は、実績があるのとないのとでは「雲泥の差がある」ということです。

 

とりあえず何でもいいので案件に携わり、その案件をこなすことによって、報酬をいただく。

そうすれば、プロとしてお金をいただいているのですから、仕事として成り立ったということになります。

 

40代での転職は即戦力以上の期待が持たれるケースが多いです。(提示年収にもよりますが)

管理職を経験しているとか、もしくは管理職候補としてやっていけそうかという「人」としてのポテンシャルも強くみられます。

 

全くの未経験であっても、人としても魅力があればどこにいっても強い武器になると僕は思うし、是非、そうした良い面を前面に打ち出していくべきです。

僕は決してスキル的には優秀なWEBエンジニアだとは思いませんし、これからますます勉強していかなければですが、自分の他の良い面や仕事に対する考え方や姿勢は強く自信を持っています。

 

それが自分の一つのスキルだとも考えています。

40歳を越え、何か新しいことを始めようと思う前に、今までやってきたことを少しでも活かせることは何かを考えてみるべきです。

 

そうした「スキルとスキルの掛け算」をしていくことで、一般的に無理だと感じられる壁をも破るキッカケになると思います。

同じ40代の方、共におじさんパワーで頑張りましょう!

 

まとめ

  • 40代未経験から新しい分野への挑戦はどの世界でも厳しい
  • それでもやるなら、フリーランス副業として実績を積む
  • スキルとスキルの掛け算で勝負していく

 

-WEBエンジニア, 迷い人
-,

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG