BOOK

夜と霧 新版【書評レビュー】

2021/5/2    

著者であり、心理学者のヴィクトール・E・フランクルが強制収容所生活を余儀なく送ることになり、壮絶な体験と、そこでの精神の段階を説いた「夜と霧」を読みました。言葉では言い表すことが難しい程、過酷なその環境は、今の平和な時間がどれほど尊いものなのかを気づかずにはいられない程です。

DMMブックスで100冊まとめ買いした話

2021/7/23    ,

DMMブックスが初回購入者のみという条件で電子書籍購入価格から70%引きキャンペーンを開催していました。そこで一気100冊購入しました。
「読書大全」からピックアップしたものが大半なので、本購入の際、参考になれば。ちなみに4月12日でキャンペーンは終了。まだの人はお早めに。

ジョジョの奇妙な冒険レビュー【Part7】

ジョジョの奇妙な冒険の第7部を読みました。6部と8部に続き、読破しましたが、個人的には、第7部が一番お気に入りになりました。主人公のジャイロ・ツェペリがカッコイイです。
表舞台は「レース」ですが、本当の目的は、聖なる遺体集めに、各々の思いの中、戦いが繰り広げられていきます。最後の展開もとても良かったです。

「自分で稼ぐ力」を身に付ける本から考えてみる

「自分で稼ぐ力」を身に付ける本、というタイトルが、今後、重要だと感じていることで、気になったので読んでみました。
今回は、本レビューというより、この本のテーマを土台にして、「個人レベルで何ができるのか」が問われてくる時代を考えてみました。

ジョジョの奇妙な冒険レビュー【Part8】

年末に家族と過ごしつつ、合間に「ジョジョの奇妙の冒険Part8」を読み進めていました。コミックになると、「集中」が必要ないので、非常にリフレッシュしながら、読み進めることができます。
東方家のユニークなキャラクターや、ストーリーの面白さは一品です。ネタバレは最小限にして、面白さをお伝えできればと思います。

ジョジョの奇妙な冒険レビュー【Part6】

BooxPoke2Colorを購入して、カラー版コミックの「ジョジョの奇妙な冒険Part6」を読破しました。今回はジョジョの奇妙な冒険を大人になってから読んだ感想と、
Part6で感じたことを記事にしておきたいと思います。もう20年前に連載された漫画ですが、全く色褪せることなく、面白いです。

習慣が10割【書評レビュー】

2020/12/4    

「習慣が10割」というタイトルに惹かれて、読んでみました。著者は習慣の継続によって、人生を劇的に変えた一人であり、また、色々な人のケースのお話もあります。
ウルっときたストーリーもありましたので、記事にしたくなりました。やはり、継続の力は凄いと再認識しました。

ここはウォーターフォール市、アジャイル町【書評レビュー】

2020/10/22    

「ここはウォーターフォール市、アジャイル町」というタイトルに惹かれ、読んでみました。感想としては、ストーリー仕立てになっており、初学者に向けて気軽に読める内容となっています。
社内問題解決のためのコミュニケーションツール導入の話がメインですので、どんな効果があるのか知りたい方にオススメです。

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG