プログラミング 環境構築

【超初心者向け】XAMPP開発環境の手順

悩む人
初心者なので、プログラミングの勉強がしたいけど、環境構築の仕方がわからない・・詳細を教えてほしいです。

 

WEBプログラミングを勉強しようと思っても、「環境構築」って聞くだけで難しそうですよね。大丈夫です。わかりやすい様に画像中心で教えます。

 

 

XAMPPの環境構築は簡単で、初学者にはお手軽です。

OS環境はWindows10を想定しています。最近は皆、MAC好きですよね・・ごめんなさい!🙇

 

XAMPPダウンロード

早速、XAMPPのダウンロードをしましょう。

XAMPPダウンロード先

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

赤枠の部分をクリックしてダウンロードします。

 

XAMPPインストール

次に、ダウンロード保存先のフォルダに移動し、ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックで起動します。

もし、実行確認のポップアップが出れば「実行」をクリックして続行してください。

「Next」をクリック

 

次に、インストールするミドルウェアを選択します。

最初は全ての項目にチェックが付いていると思います。

画像を参考にして、必要最低限のミドルウェアをインストールすれば良いです。

 

必要なミドルウェア

  • Apache - WEBサーバー
  • MySQL - データベース
  • PHP - プログラム言語
  • phpmyadmin - WEBブラウザ上でデータベースを操作できる
  • FakeSendmail  - お問い合わせフォーム作成時など、メール送信の役割

 

不要なミドルウェア

  • FileZilla FTP Server - サーバーとのファイルのやり取りを行う。WEB開発自体においては不要。
  • Mercury Mail Server - FakeSendmailと同じ役目。今回はFakeSendmailを使用するので競合を避けるため不要。
  • Perl - PHPと同じサーバーサイド言語。PHPがメインなので、使う機会がない。
  • Webalizer - アクセス解析ソフト。WEB開発においては不要。

必要なものだけチェックを入れたことを確認し、「Next」をクリックで次へ進みます。

 

次は、XAMPPインストール場所の選択です。

特別な理由があれば、好きなフォルダ場所を選択してください。

できれば、C直下のデフォルトの方が話を進めやすいので、オススメです。

 

次は、言語の選択です。

Englishを選択してください。「Next」をクリックで次へ進みます。

 

次の画面です。

XAMPP以外は特に必要ないので、チェックボックスは外して「Next」をクリックして進みます。

 

インストールの準備ができました。

「Next」をクリックして、インストールを開始してください。

無事にインストールが終了すれば、起動確認へ進みます。

 

起動確認

XAMPPのインストールが完了すると、インストールフォルダ場所(デフォルトCドライブ直下)に「xamppフォルダ」が出来上がります。

 

xamppフォルダ内に「xampp-control.exe」があります。

これをダブルクリックすると、xamppコントロールパネルが起動します。

コントロールパネルはWEB開発時に良く使用するので、デスクトップなどにショートカットを作成しておくと便利です。

赤枠に記した「Apache」と「MySQL」のStartボタンをクリックして起動してください。 起動に成功すると、下記の様になります。

 

Module欄のApacheなどのサービス名の背景が緑色で、PID(プロセスID)とPort(ポート番号)に数字が記載されていれば、正常起動しています。

また、画面下の、ログ欄に「running」と書かれていれば、起動中ということです。

 

次は、WEBブラウザで正常に起動しているか確認してみましょう。

 

WEBブラウザは「Chrome」で行う様にしてください。(WEB開発で良く使用されるブラウザ)

Chromeのダウンロード先

https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

Chromeのインストールは流れに沿うだけなので、割愛します。

 

WEBブラウザを起動し、アドレスバーに「localhost」と入力して、エンターを押してください。

すると、以下の画面が表示されます。

 

この画面が表示されているということは、さっき、XAMPPで起動した「Apache」が稼働しているので、画面表示が出来ているということを把握するのが重要です

WEBブラウザでhttp://localhost/にアクセスとは、自身のPC自体にHTTPリクエストを行ったということです。

 

ここ、理解するの大事です。ローカル上でApacheが稼働しているので、

ApacheがWebブラウザのHTTPリクエストに対し、レスポンスを返して、WEBブラウザにページが表示された。

という処理の流れになります。

 

次は、PHPが正常稼働しているかの確認です。

赤枠をクリックしてください。「PHPInfo」はPHPのバージョンや、状況を確認することができるPHPインフォメーションです。

 

「PHPInfo」リンクをクリックすると下記のが表示されるはずです。

上記の様に、PHPのバージョン、画面自体が表示されれば、PHPも無事にインストールされています。

 

PHPプログラムでテスト

ここまで来て、ようやくプログラムテストです。

記事を沿うと長いですが、実際に手で動かすと、10分程度でローカル開発環境が出来上がります。便利ですねー。

 

プログラムを書いてテストするには、プロジェクトフォルダを作成し、「phpファイル」を作成する必要があります。

 

通常は、以下のフォルダパスの直下にプロジェクトフォルダを作成します。

C:\xampp\htdocs

 

フォルダーを作成し、適当に名前を付けてください。

ここでは「test」とします。

 

作成したプロジェクトフォルダーの中にファイルを作成します。

ファイルの名前は「index.php」にしてください。

 

index.phpのファイルに以下の様に記述してください。

プログラムコードの編集ソフトは「VSCode(VisualStudioCode)」を使用しています。

 

VSCodeのインストール方法はコチラ。

 

インストール後、VSCodeを起動して、上部メインメニューの「ファイル」の中に「フォルダーを開く」があります。

その中から、今回作成した、プロジェクトフォルダ - index.phpをダブルクリックで選択し、index.phpファイルにプログラムを記述してください。

 

コードを書くのは、最初は難しいと思います。

なぜなら、プログラムは誤字が一つでもあると、エラーになってしまうからです。

間違えないように注意しながら、書くようにしてください。

 

記述し終えたら、「Ctrl + S」 などで保存をして、WEBブラウザで確認をします。

WEBブラウザのアドレスバーに、下記アドレスを打ち込んで、エンターを押してください。

http://localhost/test/

 

 

最後は、以下の画像の様に「こんにちは」と画面出力できれば、完了です!

 

ここまで実行するのに、最初は苦労すると思います。

ですが、慣れると、すぐに出来るようになります。

 

これで、プログラム実行ができるようになりましたね。

プロジェクトフォルダ内にHTMLやCSS、PHPなどを含め、WEB制作が出来る環境が整いました。

 

色々なコードを試して、WEBブラウザで実行して、確認しながら、WEB開発を進めることができます。

WEB制作を楽しみましょー!!

 

-プログラミング, 環境構築
-

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG