WordPress プログラミング

WP Mail SMTPをGmailで動かす方法【WordPress】

 

こんにちは。ふわふわしょうちゃんです。

 

先日、WP Mail SMTP にエラーが表示されるようになっていました。原因はGmailを使用していたので、恐らく、Googleセキュリティのアップデートで再度、警告対象になった模様です。

WordPressにプラグインContact Form 7 WP Mail SMTP を利用している方も多いと思います。Gmailを使用したい方は、是非、参考にしてください。

 

WP Mail SMTPに突然エラーが出た

ブログ運営開始時(8月末頃)にContact Form 7 と、WP Mail SMTPのプラグインをインストールし、メール設定も無事に終え、Gmailを利用したメール送信テストも成功していました。

エラーに気付いたのは、昨日です。スマホにアラートが入り、不正なアクセスがあったとのこと。

 

「不明なデバイス」と表示されていたので、もしやと思い、WordPressも含め、各パスワード変更をしました。

 

そして、いざ、メールテストを行うと、

SMTP Error: Could not authenticate.

という結果に。

 

恐らく、Googleのセキュリティポリシーが、アップデートされた可能性が出てきました。

基本的に、WP Mail SMTPで使用するメールアドレスは、Googleは規制が厳しいので、Gmail以外の方が、トラブルも少ないと思います

使わずに済む方は、別のメールアドレスの方が良いです。ハイ。

 

ですが、僕は、意固地になりましたので、Gmailでやり通したくなりました。

以下、手順です。

 

設定をOther SMTP からGmailに変更

WP Mail SMTPのメール設定をググると、「Other SMTP」として設定する記事がたくさんヒットします

僕も、参考にさせてもらっていましたが、今回の様に、Googleのセキュリティが変更になった場合、規制対象になる可能性が高いです。

なので、GmailのAPIを使用することで、できるだけ、Googleのルールを順守する形をとりたいと思います。

 

WP Mail SMTPの設定画面

「メーラー」項目の中の「Gmail」を選択します。

選択すると、フォーム項目が変わります。Gmail項目が現れ、「クライアントID」と「クライアントシークレット」を設定する必要があります。

この二つの項目を満たすために、Gmail APIを使用する必要があります。

 

GCP(Google Cloud Platform)でプロジェクト作成

Gmail APIを利用するためには、GCP(Google Cloud Platform)を通して、設定を行います。

Googleアカウントを持っていない方は、別途Googleアカウントを作成する必要があります。

 

Google Cloud Platform

https://console.cloud.google.com/

 

Googleアカウントでログイン後、プロジェクトの作成を行います。

赤枠をクリックしてください。

 

プロジェクトの選択画面が表示されます。

「新しいプロジェクト」をクリックしてください。

 

任意のプロジェクト名を入力します。組織はなしでもOKです。

「作成」ボタンを押してプロジェクトを作成します。

 

これで、プロジェクトの作成は完了です。

 

Gmail API 認証情報を作成

次は、GmailAPIの認証情報を作成します。

プロジェクト作成後、「APIとサービス」→「ライブラリ」へ移動します。

 

検索バーに「Gmail」と入力してください。

「Gmail API」が表示されます。

 

Gmail APIを選択します。

「有効にする」をクリックしてください。

 

Gmail APIの画面に自動で移動します。

画面上部にインフォメーションアラートが表示されるので、右端の「認証情報を作成」ボタンをクリックしてください。

 

次は、認証情報画面です。

プロジェクトへの認証情報の追加欄を、画像を参考に入力します。

  • 使用するAPI → Gmail API
  • APIを呼び出す場所 → ウェブブラウザ(JavaScript)
  • アクセスするデータの種類 → ユーザーデータ

最後に「必要な認証情報」をクリックします。

 

OAuth同意画面の設定

認証情報のクライアントIDを作成する前に、OAuthの同意画面を設定する必要があります。

「同意画面を設定」をクリックしてください。

 

同意画面のユーザータイプを選択します。

GSuiteを利用していない方は「内部」は選択できません。

この項目は任意ですので、そのまま「作成」で進みます。

 

OAuth同意画面が表示されます。

アプリケーション名のみ必須です。あとは任意で入力しましょう。

ちなみに僕は、アプリケーション名のみ入力しました。

 

OAuthクライアントIDの生成

OAuthクライアントIDを生成します。(やっとw)

各項目の入力をします。

  • 名前 → 任意でOKです。
  • 承認済みのJavaScript生成元 → 自サイトのドメインを入力。
  • 承認済みのリダイレクトURI → WP Mail SMTP設定画面内、「Authorized redirect URI」項目のURLをコピペします。メーラーがGmailに選択されていること!

 

WP Mail SMTP設定画面内(GCPじゃないYO!)

 

入力後、「OAuthクライアントIDを作成」ボタンをクリックします。

クリック後、「認証情報をダウンロード」という画面が表示されますが、ここでダウンロードする必要はありません。

 

「完了」を押して終了します。

 

WP Mail SMTPにOAuthクライアントIDを設定

次は、WP Mail SMTPに作成したIDを設定します。

GCPのホームから「APIとサービス」→「認証情報」を選択します。

作成した「OAuth2.0クライアントID」が反映されています。赤枠のペンアイコンをクリックします。

 

「クライアントID」と「クライアントシークレット」をWP Mail SMTPの設定画面にコピペします。

 

コピペ後、「設定を保存する」で、保存します。

 

保存後、再度、WP Mail SMTPの管理画面「一般」タブの「Authotization」項目に、

「Allow Plugin to Send emails using your Google account」

とボタン表示されているので、それをクリックします

 

ポップアップが表示されます。

「許可」をクリックします。

 

「Authorization」項目内に「Connected as 登録したgmailアドレス」 が表示されます。

これで、設定が完了しました。

 

メール送信テスト

最後に送信テストをします。

WP Mail SMTPの「メールテスト」タブを選択して、テストメール送信を実行してください。成功すると以下の画面になります。

 

Gmailアカウントの方にも、テストメールの成功のお知らせが来てました。

WEBサイトの問い合わせフォームからもテストメールの確認をしておきましょう。

 

これで終了です。

 

最後に

WP Mail SMTP のGmail設定は結構な手間が掛かりますね・・しかも、Googleのセキュリティポリシーがいつ変わるかもわからない状況なので、他のメールアドレスで良いなら、それを使うのが良いと思います。

「Gmailでやるんや!」という、僕みたいな変人のために記事を書いてみました。

 

じゃ、そーいうことで!

-WordPress, プログラミング
-

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG