サーバー ツール

【SSHクライアント】TeraTermインストール手順

 

こんにちは。ふわふわしょうちゃんです。

 

以前の記事で、VirtualBoxで仮想環境の構築手順を紹介しました。

VirtualBoxのウィンドウで作業を行うには、画面切り替えや、ウィンドウ表示を手軽に変更することができません

 

なので、効率的に作業を行えるように、「TeraTerm」という、SSHクライアントを用いて、安全にリモート接続し、作業をできる環境を整えたいと思います。

僕は、自宅にサーバーを置いていた時があって、よく、SSH接続して、作業をしたりしていました。

 

今回は、TeraTermのインストール手順と、実際の接続までをまとめてみます。

 

 

前提条件

CentOS仮想環境があること

 

環境がない方は、CentOS8インストール手順の紹介記事があります。

 

SSHクライアントTeraTermとは

まず、SSH(SecureShell)とは、暗証とか認証を用いて、安全にリモートコンピューターと通信するためのプロトコルになります。

 

プロトコルとは通信規約のことです。

 

詳しく知りたい方は、コチラ。

WEBエンジニアが覚えておきたいコンピューター基礎知識

続きを見る

 

TeraTermの役目は、SSH接続したコンピューターを効率的に作業できるように、色々な機能を提供してくれる、便利なツールです。

僕が、WEB関係の仕事を始めた当初から、TeraTermは存在していました。一番馴染みの深いツールの一つです。

 

VirtualBoxで仮想マシンの起動だけして、後は、TeraTermでSSH接続して作業することをオススメします。というか、そうしてください。

 

「あ?なんで?」

 

と、思われるかもしれませんが、VirtualBoxで提供されるウィンドウは、画面切り替えの際にも、いちいちホストキーを押して、切り替えたり、画面サイズを自由に変更できなかったり、とにかく不便です

PC関係の仕事をしていくなら、とにかく効率化を目指しましょう。

 

では、TeraTermのインストール手順を見ていきます。

 

TeraTermインストール手順

TeraTermダウンロードページ

https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/

 

ダウンロードページです。

RCはベータ版になるので、最新のRCがついていない正式版をダウンロードしてください。

 

exeファイルのリンクをクリックしてダウンロードします。

無事にダウンロードできたら、exeファイルを起動してください。

 

起動初期画面です。

デフォルト日本語になっているので、「OK」で次へ進みます。

 

「同意する」で次へ進みます。

 

次は、インストール先の指定です。

インストール場所は、基本デフォルトで良いと思います。

「次へ」をクリックしてください。

 

次は、コンポーネントの選択です。

「標準インストール」でOKです。色々と出来るようですが、基本的な機能しか使用しないので。

「次へ」で進みます。

 

言語の選択です。

ここも、デフォルトでOKですね。日本語が選択されているか確認だけしてください。

「次へ」で進みます。

 

プログラムグループの指定です。

デフォルトで良いと思いますが、ディレクトリ名を変更する必要があれば変更してください。

「次へ」で進みます。

 

追加タスクの選択です。

とりあえず、デスクトップだけにショートカットを作成することにします。好みで変更してください。

「次へ」で進みます。

 

最後にインストールの確認です。

問題なければ、「インストール」ボタンで、開始してください。

 

インストール終了後、すぐにSSH接続テストをしたいので、実行にチェックを入れて、「完了」ボタンを押してください。

 

初期起動画面です。

これでインストールは完了しました。

 

SSH接続してみる

早速、SSH接続テストをしてみましょう。ここから、VirtualBoxに仮想マシンがある前提です。

 

仮想マシンがない方は、コチラ。

【CentOS8】VirtualBox仮想マシンの作成と設定

続きを見る

 

仮想マシンを選択し、「起動」でマシンを起動してください。

 

起動すると、起動メニューが表示されます。

最初から選択されている方のまま、エンターでOKです。CentOS8が起動されます。

 

起動後、rootユーザーでログインしてください。

 

CentOS8インストール時では、DHCPでIPアドレスを自動割り当てにしていたので、IPアドレスが変更されている可能性があります

正確なIPアドレスが確認できなければ、SSH接続できないので、ipコマンドで確認しましょう

 

# ip addr

#は、スーバーユーザーを指します。コマンドの一部ではないです。

 

と、入力後、エンターを押してください。

赤枠に表示されているのが、割り当てられているIPアドレスです。

ここは、各環境によって違うので注意してください

現在、僕のローカル環境では「192.168.1.11」でした。

 

このIPアドレスを基に、SSH接続してみます。

 

TeraTerm画面です。

接続情報

  • ホスト: 192.168.1.11
  • TCPポート: 22
  • サービス: SSH

デフォルトの状態で、基本OKです。

TCPポートの部分は、セキュリティ上、22でアクセスするのは、攻撃の対象になりやすいので、変更することが多いです

ここでは、ローカル環境なので、デフォルト22のままです。

 

ホストを入力後、「OK」をクリックします。

 

始めてホストに接続する時、以下の様に、警告アラートが出ます。

「このホストをknown hostsリストに追加する」にチェックが入っているのを確認して、「続行」を押してください。

これで、同じホストの場合、次回以降の接続は警告されなくなります。

 

次は、ユーザー名とパスワードの入力です。

初期ログインなので、CentOSインストール時に設定した、rootユーザーとパスワードを入力します

 

入力後、「OK」ボタンを押します。

無事にログインできました!

 

最後に

SSHクライアントを利用することで、より動作を軽量に扱う事ができ、文字サイズやフォントカラーなども自分の好みに合わせてカスタマイズできます。

これで、Linuxを勉強する際にも、より快適に行うことができます

 

別の記事でも書きましたが、本来SSHをrootユーザーでログインすることは、セキュリティとして問題です

なぜなら、もし、rootを乗っ取られた場合、サーバーを簡単に壊すことができるからです。

 

サーバー初期設定時に、rootでのSSH接続は禁止すべきです。覚えておきましょう。

 

ではでは、今回はこの辺で。

-サーバー, ツール
-

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG