Linux サーバー 環境構築

CentOS8インストール手順

 

こんにちは。ふわふわしょうちゃんです。

 

今回は、CentOS8をVirtualBox内で作成した仮想マシン上にインストールし、初期ログインまでを解説したいと思います。

 

前提条件

・VirtualBox6をインストール済み

Virtualboxインストール手順【Windows10】

続きを見る

・VirtualBoxで仮想マシンの作成と設定

【CentOS8】VirtualBox仮想マシンの作成と設定

続きを見る

 

前提条件を満たしていない方は、上記の記事を参考にしてみてください。

 

VirtualBoxのTips

CentOS8のインストールに入る前に、二つだけ、VirtualBoxのTipsをお伝えします。

 

VirtualBoxのウィンドウ表示時に、デフォルトでは、プリントスクリーン機能が使えない。

プリントスクリーンを使いたい人は、「ファイル」→「入力」→「キーボードの自動キャプチャー」のチェックボックスを外して、「OK」をクリックしてください。

 

VirtualBox仮想空間のカーソル切替

VirtualBoxウィンドウ内をクリックすると、カーソルが仮想環境に入ります。

切り替えは、キーボード右下の「Ctrl」を押してください。

 

VirtualBoxが定義しているホストキーとは、デフォルトでは、キーボード右下の「Ctrlキー」のことです。覚えておきましょう。

 

では、CentOS8のインストール手順を見ていきましょう!

 

CentOS8インストール手順

作成済みの、仮想マシンの起動を行います。

「CentOS-8.2-2004」が選択された状態で、「起動」をクリックしてください。

 

以下、起動後、インストール初期画面です。

「Install CentOS Linux8」を選択した状態で、エンターを押します。

 

セットアップ画面が表示されます。

まず、言語選択です。

日本語を選択して、「続行」を押します。

 

次は、インストール概要です。画面切れてます。スミマセン!!

「ソフトウェアの選択」を選択してください。

 

「最小限のインストール」を選択してください。

サーバー構築をする際には、余計なパッケージが入っていると、脆弱性が見つかったり、リソースを無駄に消費してしまいます。

 

サーバー構成は、必要最小限にしておくのがベターです。

選択後、「完了」ボタンを押して、元の画面に戻ります。

 

次は、インストール先の選択です。

基本的にデフォルトでOKです。

赤枠の「ハードディスク」のアイコンにチェックマークがついていることを確認して、「完了」ボタンを押してください。

 

次は、ネットワークとホスト名です。

赤枠のネットワーク設定をクリックします。

 

ネットワークをONにしてください。DHCPが有効になっているネットワーク内では、自動でIPが割り当てられるはずです。

サーバーは通常、IPアドレスは固定であるべきです。なぜなら、ドメイン名と紐づけるから

でも、開発環境なので、後で初期設定時にネットワーク設定の勉強がてら固定にするとして、ここでは、簡単に済ませます。

 

ホスト名を「CentOS8」にし、「適用」ボタンを押します。ホスト名は任意です。

 

次は、時刻と日付の設定です。

メニュー選択後、画像の様に、「アジア」「東京」と選択してください。

 

また、画面が切れているのですが、オン切替ボタンの右横にNTPサーバーを設定できるボタンがあります

クリックすると、ポップアップ画面が表示されます。

以下、テキストボックス内に以下を入力後、「+」ボタンを押して、NTPサーバーを追加してください。

  • ntp1.jst.mfeed.ad.jp
  • ntp2.jst.mfeed.ad.jp
  • ntp3.jst.mfeed.ad.jp

NTPサーバーを設定することで、ネットワークを通して、正確な時間を合わせてくれます

OKボタンで閉じます。その後、日付と時刻の「完了」ボタンを押して閉じてください。

 

これで、一通りの設定が完了しました。

 

最後に、「インストールの開始」ボタンをクリックします。

 

インストールが終わるまで、ある程度時間が掛かるので、Rootパスワードを設定します。

ここは、任意にパスワードを設定してください。簡単なパスワードはNGですよ。

必要であれば、ユーザーの作成をしてもらってかまいません。

 

インストールが終わると、再起動をします。

再起動をすると、インストール画面になるので、右上のバツをクリックし、VirtualBoxウィンドウを閉じてください

「仮想マシンの電源オフ」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

 

CentOS8のインストールが完了したので、インストーラーを除去します

VirtualBoxのメインメニューから、「設定」→「ストレージ」を選択し、コントローラーIDEの、CentOSイメージを右クリックします。

「割り当て除去」が表示されるので、クリックして、除去します。

 

除去後、「OK」ボタンを押してください。

 

あとは、再度、CentOSを起動するだけです。

色々と起動までに、メッセージが出るかもしれませんが、最終的に以下、ログイン画面になります。

Rootユーザーでログインしてみましょう。

 

パスワードはインストール時に設定したパスワードです。

 

無事にログインできました!

 

実際にLinuxのコマンドを打つことができます。これで、勉強も実践を交えてできますね!!

 

最後に

始めてCentOSをインストールした方は、たくさん設定する項目があるので、「何をしているのかわからない」ことも多いと思います。

でも、最初から全てを把握する必要はないと、僕は考えています。

何でも一気に把握することは無理なので。

 

とりあえず、Linux環境に慣れるためにも、ささっと構築して、実際に自分の手で動かして、トライアンドエラーを繰り返しながらでないと、上達しません。

細かい設定内容など、後回しでOKです。

 

気持ちに余裕がある時に、一つ一つ勉強していくことで、OSインストールもより柔軟性を持って行うことができます。

ではでは、今日はこんな所で。

-Linux, サーバー, 環境構築
-,

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG