BOOK LIFE

習慣が10割【書評レビュー】

 

こんにちは。ふわふわしょうちゃんです。

 

「習慣が10割」という本を読みました。タイトルに惹かれて、読んで見ようと思いました。

やっぱり、タイトルって本当に大事ですねー。

 

ちなみに、AmazonPrime会員の人は、無料で読めます。

 

 

レビュー点数

星5点

「習慣を身に付ける」って大変なイメージありますよね。その、難しさ故に、行き着く先が「挫折」になります。

WEBエンジニアやプログラマーを目指す人も、勉強の継続が必要になりますから、挫折する人も多いのは納得です。

 

誰しも人生においては、一度や二度、挫折を味わうことがあると思います。

 

その習慣の難しさにどのように取り組んでいくのか。様々なアプローチで解説している本書は、とてもオススメです。

以下、自分が特に心に残った項目について、お話していきます。

 

著者について

著者は「吉井雅之」という方です。この方も、若い時代、自分の悪習慣に苛まれ、事業の失敗などを経験し、自暴自棄に陥っていた時代があったようです。

親に失礼な態度をとったり、散々な日々を送り、その中で、良い習慣を実践している方のお話を聞き、習慣に「とてつもない力」を感じられたようです

その後の人生は、この本を書かれているように、「習慣形成コンサルタント」としての地位を築かれました。

 

グッときたストーリー

本書の中に、「グッときたストーリー」がありました。

 

ある母子家庭のお話で、10代の少女がいました。

母親は再婚したのですが、娘が、新しい父親に一向に親しくなろうとせず、悩んでいました。

それから、娘が高校生活に入り、それぞれ別の生活になったようです。

 

新しい父親の方は、娘に何かできないかと思い、娘が高校を卒業するまでの3年間、毎日ハガキを書き続けました。

 

そして、いつも最後に「君を信じてる」と書き記していました。

 

でも、娘は、新しい父親のことを、父親と認めていないので、返事がくることもありませんでした。

 

その後、月日が経ち、迎えた卒業式の日に、娘が初めて、新しい父親のことを「お父さん」と呼び、「ありがとう」と言ってくれたそうです。

 

エー話やんかー。ウルっときた、ウルっと。

 

要約して書かせてもらっているので、是非、本書を読んでもらいたいですが、他にも、習慣の力によって、劇的に人生を変えた人達のストーリーが書かれていました。

 

マイナス思考は0.5秒で出来上がる

マイナス思考は、0.5秒で出来上がるらしいです。はやいっすねー。

確かに、人はネガティブなことなら、すぐに信じる傾向があります。

ニュースもネガティブなことばかりです。そして、悪いことは、すぐに気にしがちですよね。

 

フツーに意識せずに、暮らしていると、マイナス思考の状態になるのですから、「なりたい自分」「理想の自分」とかけ離れた生活をしている人が多いのも納得です。

 

本書では、マイナス思考から、できるだけプラス思考を保つために、「出力をポジティブにすること」にフォーカスしています。

 

例えば、心の中では、「絶対、無理」とか「イライラする」ことがあっても、それを態度にそのまま出すのではなく、逆に笑顔になってみたり、ガッツポーズをしたり。

要するに、変子になれーゆうことですわね。

 

そのようなアプローチをすることで、脳を騙せるようになるみたいです。凄いですよね。

人生、ネガティブに考えることは無駄なことだと思うので、僕もしっかりと変子になろうと思いました。

 

「人に能力の差はなし。あるのは習慣の差だけである」

本書のテーマである、キャッチフレーズの一つです。僕が、一番共感できる言葉でした。

人間は産まれた時には、差はありません。

 

ですが、産まれた場所や、環境によって、また、良い環境だったとしても、自己の選択で、努力を継続習慣させている人の差は開き始めます。

 

僕は、個人的な考えとして、人は不平等だと考えています。

コチラも合わせて読んでいただければ、嬉しいです。

 

どんな、立場であれ、環境であれ、良い習慣を身に付け、諦めなければ、必ず何事も成し遂げることができると、筆者は語っています。

 

僕も、そうであって欲しいと願う一人ですし、また、自分の青春時代のストリートダンサーだった時の夢は、まさしく、筆者がお話しているような現象が起きました。そして、体験しました。

僕は、すでに40を超えたオッサンですが、まだまだこれから。そして、あなたもこれからです。

 

「真に習慣を身に付けるべき時がきた」と決意を新たにしていきましょう。

 

「習慣が10割」オススメです。

 

まとめ

  • 夢を叶えるには、習慣を身に付け、継続することが全て
  • 悪い習慣を絶つ。良い習慣だけを意識する
  • 脳は騙されやすい。その事実を利用する

 

-BOOK, LIFE
-

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG