Laravel プログラミング

Laravel6の初期設定まとめ

 

こんにちは。ふわふわしょうちゃんです。

 

フレームワークをインストールした後、やっておいた方がよい初期設定があります。

今回は、Laravel6の初期設定を見ていきます。

 

 

想定環境

Laravel6をインストール済み。

 

もし、Laravel6をインストールしていない方はコチラ。

 

アプリケーション名を変更

アプリケーション名を任意の名前に変更しておきましょう。

 .env
APP_NAME=アプリケーション名
 config/app.php
'name' => env('APP_NAME', 'アプリケーション名')

 

タイムゾーンと言語設定

フレームワークをインストールした後は、鉄板の作業ですね。日本時間にしておきます。

 config/app.php
// タイムゾーン設定
-'timezone' => 'UTC',
+'timezone' => 'Asia/Tokyo',
 
// 言語設定
-'locale' => 'en',
+'locale' => 'jp',
 
// ダミーデータの日本語化
-'faker_locale' => 'en_US',
+'faker_locale' => 'ja_JP',

 

データベースの設定

 .env
DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=データベース名
DB_USERNAME=ユーザーネーム
DB_PASSWORD=パスワード

使用しているDBや、ホスト、ポートは必要に応じて変更してください。

 

デバッガーツールを導入

効率的に開発をしていくためには、デバッガーは必須です。

laravel-debugbarをcomposerでインストールしましょう。

 

プロジェクト配下のディレクトリに移動してください。

composerでlaravel-debugbarをインストール

 command
composer require barryvdh/laravel-debugbar --dev

もし、インストールできなければ、エラー内容をよく見て、バージョン指定をすることで解決できる場合があります。

 

デバッガーの設定ファイル生成

 command
php artisan vendor:publish --provider="Barryvdh\Debugbar\ServiceProvider"

 

各キャッシュクリア

 command
php artisan cache:clear && php artisan config:clear

 

デバッグがTrueになっているか確認

 .env
APP_DEBUG=true

 

動作確認

WEBブラウザで確認します。

赤枠にあるように、デバッグバーが表示されました。

 

まとめ

フレームワークの初期設定は大事です。必要に応じて、設定するようにしましょう。

後、LaravelのModelのファイルは、app直下に置かれるようです。 ファイルが散乱しないように、Modelsディレクトリを作成して、その中に入れる方も多いようですね

 

僕的には、それもフレームワーク開発者の意図があるのかな、と考え、デフォルトに沿う形で開発を進めようと思います。

最新バージョン8のディレクトリ構造は、まだ見ていませんがLTSが出てこない限り、とりあえず6のバージョンが業務に直結しそうです。

運用しているサービスも、Laravel6が多いと思います。

 

では、今回はこの辺で。

-Laravel, プログラミング
-

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG