LIFE ガジェット

ONYX BOOX Nova2 レビュー【主にKindle比較】

 

こんにちは。ふわふわしょうちゃんです。

 

僕は、電子書籍リーダーが好きで、よく使用しています。

その中で、約1か月前に購入した「ONYX BOOX Nova2」が非常に優秀で、そのレビューと長年愛用してきたKindleとの使用比較などをお伝えできればと思います。

レビュー商品名: ONXY BooxNova2

https://www.boox.com/boox-nova2/

定価価格 39,800円

 

レビュー点数

結論として、早速BooxNova2のレビュー点数を付けたいと思います。

レビュー点数:  星4つ

 

1か月間使用してきて、おおむね満足です。値段の割に機能はたくさんあるし、品質もいい。かなりオススメです。

1点マイナスの原因は、時折、動作が重い場合があることと、Kindleアプリのページめくりの仕様が気になるぐらいです。

(この値段で、完璧な動作を求めるのは無理がありますが・・)

 

以下、実際に使用した感想を述べていきます。

購入目的は大きなサイズでの読書

僕は、KindeOASISを長年愛用しています。

ですが、現行モデルが7インチですので、PDFなどの書籍が読みにくいです。

 

「PDFでも、快適に読める電子書籍リーダーが欲しい。」

ということで、色々と調査した結果、行き着いたのがBooxNova2でした。

 

画面サイズは7.8インチ。0.8違うだけでも印象は違います。

目的の結果としては、「PDF、まあ読めるかな」ぐらいの感じです。

本当は、もう少し大きなサイズが良いのかなという感想です。

 

実際に使ってみなければわかりませんね。

 

でも、良い発見もたくさんありました。

重さは275gで軽く、女性の方には少し7.8インチを片手で持つのは難しいかもしれませんが、僕の場合、丁度片手で持てる大きさになっています。

 

「手軽に持ち運べ、片手で持てる、最大限の画面の広さ」

 

という設計のこだわりがヒシヒシと伝わってきました。

そこは素直に「凄いな」と感じています。

 

片手で持ってみた画像です。

「手軽に持ち運び、かつ、できるだけ大きな画面で」という電子書籍リーダーを求めている人には、BooxNova2はピッタリだと思います。

 

本当は新型Kindleを待ってた

正直、僕は、KindleOASIS信者です。なので、本当は新型のKindleOASISを待っていました。

が、2020年の現時点(10/8)では、発売されず。

 

現行のKindleOASISはAPPLEの影響か知りませんが、高級感押しできていて、片手では持ちにくいんですよね。

特に、寝ながらだとスベる。変に力が入り、寝る前に読むと肩が凝ります。

 

カバーで対処しようとしたのですが、それだと重い。

残念ですが、メルカリに出品しました。

 

で、次の新型KindleOASISに期待していたわけですが、今年はなぜか8月を過ぎても、コロナの影響なのか、発売されない。

 

むむむ・・となってたわけですね。

 

BooxNova2を購入した今でも、相当クリエイティビティな進化があれば、OASISは購入するとは思います。

ですが、高級感押しの路線が変わらなければ、見送りになると思います。

 

電子書籍の事を色々と調べていく内に分かったのは、Kindleの対応ファイルがmobiファイルだけ。というのは完全にデメリットです。

 

Amazonだけで電子書籍を買って、読む分には申し分はないのですが、例えば、オライリーとか、別の電子書籍ストアで購入するとmobiファイルに変換する必要があり、とても手間になっていました

 

電子書籍市場を独占したい気持ちはわかりますけど、Amazonが顧客第一を謳うわりには、ユーザー目線としては、どうなのかなあ、という感想です。

 

BooxNova2にはAndroidOSが入っているので、Googleストアなどが使用できます。

Googleストアから、AmazonKindleアプリをインストールすれば、今までKindleで購入した電子書籍も読めます。

また、他の電子書籍ストアで購入したものも、簡単に転送ができる仕組みが備わっています。

 

正直、ユーザビリティーの観点では、BooxNova2に軍配が上がります。

 

BooxNova2購入後にやるべきこと

ただ、BooxNova2は、どんな電子書籍にも対応できるという、反面、初期設定がKindleに比べると複雑です。

これは下記の動画で上手く解説されているので、参考にしてもらえば良いと思います。

 

参考になるBooxNova2解説動画

BooxNova2購入後のやることリストです。

  • GooglePlayストアを使用できるようにセットアップ
  • 日本語入力を可能にするために、「Gboard」のインストール
  • AmazonKindleアプリインストール

繰り返しますが、BooxNova2にはKindleよりもやれる事が多いので、それと比例して、Kindleよりも複雑です。

シンプルイズベストという意味ではKindleが上ですね。

 

Kindleアプリのページめくりがストレス

この項目は、Kindleアプリの問題だと思うので、BooxNova2のレビューとは少し違うかもしれません。

でも、言いたいので書きます。

 

僕は、Kindleアプリのページめくりが一番ストレスでした。

なぜかというと、Kindle本体で本のページをめくると、切替時にアニメーションがなく、「パッパッ」と切り替わります。

ですが、Kindleアプリでページめくりをすると、軽いアニメーションが入り、体感、約0.5秒ぐらいかな。少しだけ切替が遅れます。

 

この状態が1ページ1ページ続くと、結構イラつきます。

多分、僕がせっかちだからかも。

 

恐らくはKindleアプリの仕様だと思います。(設定を見ても項目がない。知ってる人教えて!)

 

気にならない人もいるかと思いますが、僕は長年Kindleを使用してたので、今回一番気になりました。

ちなみにKindle以外の電子書籍はめっちゃ快適です。

 

これ、もし、Amazon側がKindle本体を購入させる施策だとしたら、大分、信頼減りますね。

 

BooxNova2のノート機能が最高

正直、ノート機能とか、「全然興味ないわ」って思ってましたw。

BooxNova2には、スタイラスペンが付属しています

 

せっかくペンもあるし、テキトーに何か書いてみようか、と思い、少し使ってみた所、めちゃくちゃ使いやすい。

 

かなりオススメです。もう、ノートいらないと思います。本当に紙に書いてる感覚になります

また、ノートのデータをクラウドに保存できるサービスがあるのも、良いです。

 

ただ、少し欠点もあって、書いている時にスムーズに書ける時と、書けない時があるという所ですね。

こちらとしては、ペンを走らせれば、常に書けるという期待がありますが、大体8:2ぐらいの比率でレスポンスが悪い。

なので、一歩リズムに遅れて描画されるのが気になります。

 

書くことはアイデアのアウトプットで、直観でペンを走らせるのですから、レスポンスが悪いのが気になってしまうと、頭のアウトプットが途切れてしまう可能性があります。

 

まあ、それを差し置いても、ノートはいらないと思えるほど、便利で、僕は今後アウトプットするのに手放せません。

 

BooxNoteAirが待ち遠しい

BooxNova2を購入して、僕はBooxシリーズのファンになりつつあります。

多少、気になる所はありますが、どんな電子書籍も一括で読める所とノート機能は群を抜いて便利です。

 

BooxNova2は2020年5月に発売されたばかりですが、9月に新たな「BooxNoteAir」が発売されることを知り、面食らいました。

えっと、結論としては、早速、ポチりましたw

 

BooxNoteAirは、更にノート機能が上がってお前そこまで使えへんやん動作スペックも向上しているので、レスポンスの速さも体感したいと思っています。

ちなみに価格は479.99ドル。日本円で約51,000円。

 

パッと値段だけだと高く思いますが、スペックの詳細などを確認するとコスパが凄いです。

予算に合わせて検討してみる価値はあると思います。

 

画面も10.3インチでPDFも確実に読める。僕が求めていたガジェットだと、胸高なる思いです。

 

BooxNoteAirサイト

https://www.boox.com/noteair/

予約販売SoldOutのようです・・(10月7日現在)

追記: 品薄は変わりないようですが、販売再開されたみたいです。気になる方はサイトチェックしてみましょう。

 

また、BooxNoteAirのレビュー記事も書きますね。

まとめ

僕はBooxシリーズの存在を最近知りました。

実際、Kindleよりも断然マイナーだろうし、これから魅力的な商品を打ち出すことで、段々と認知度が上がってくるのかな、と思います。

 

BooxNova2は価格(39,800円)もリーズナブルで、とても良い品質の商品だと思います。以下、リストでまとめます。

  • 一つの端末で全ての電子書籍を管理することができる
  • Kindleよりもやれる事が多い。デメリットとしてはその分少し複雑
  • ノート機能が想像以上に便利。E-inkなので長時間でも目に疲れがない
  • 「手軽に持ち運べ、片手で持てる、最大限の画面の広さ」を求めるなら、完全に買い
  • スペックも価格にしては、リーズナブル。コスパが良い

 

他、最新のKindleOASISと同様に、寒暖色にも対応してますし、容量も32GBあります。

十分快適に使用できる端末です。

 

BooxNova2はとてもオススメできる商品です。インプット、アウトプット共に捗ってます。

BOOX Nova2 7.8 ePaper

 

実際に使用してみての感想でした!

じゃ、そーゆーことで!!

-LIFE, ガジェット
-

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG