LIFE STORY

ゲームにハマったキッカケ【ロストプラネット】

 

こんにちは。ふわふわしょうちゃんです。

 

今日は、十数年前にオンラインゲームにハマったゲーム紹介をします。

もはや、累計プレイ時間は何千時間かわかりません。

なぜ、こんなにハマったのかというと、ゲーム自体も面白かったのは当然ですが、当時、人間関係のもつれから、「対人恐怖症」になっていた時期があったからです。

 

精神的に一人になりたかった時に癒してくれたのが、ゲームでありました。

でも、何でもそうですが、やり過ぎは禁物です。

 

 

ロストプラネット

ロストプラネットの動画紹介です。

この動画は、古参の人達が集まり、同窓会だったようです。

もちろん、知っているゲーマータグ名の人達ばかり。笑

 

始まりがあれば、終わりがあります。このゲームはすでにオワコンです。

 

ゲームにハマったキッカケ

僕は、基本的に今でもゲームが大好きです。昔に「ネトゲ廃人」という言葉が流行りました。

今は、E-Sportsとして、ゲームが職業になる時代です。

 

ゲーム配信もTwitchなどを先頭に、ゲーム実況として価値を提供することで、お金を得ることできます。

ゲームでも、捉え方一つで、ビジネスになったりするのですから、凄い時代になりましたよね。

自分もゲームで実況してみようかと思う時があるのですが、子供が小さく、夜、声を出してプレイすることは、余裕でNGです。

 

そして、全ての人に平等に与えられた一日の時間は「24時間」だけですから、切り捨てもしなければいけません。

今の僕は、家族が1番、発信や仕事が2番、自己向上を目指す勉強が3番なので、中々、ゲームに時間を投下することができません。

 

とかく、冒頭でも書きましたが、20代後半の頃、僕は、対人恐怖症になっていた時期がありました。とにかく、知り合うに会うと、動悸がするのです。

当時は、自分で何か変だという風に感じることもなく、ひたすら一人になりたかったのを覚えています。

その中で、精神的に癒しを与えてくれたのが、オンラインゲームでした。

 

オンラインで人と対戦する楽しみ

ロストプラネットというゲームが発売されたのは、2008年の事です。

今から12年ほど前に、次世代機XBOX360が発売されて、なんとなく、ゲーム屋に行き、「映像が綺麗そうだな」と感じ、本体と一緒に購入しました。

 

人は何でも慣れる生き物ですから、映像が良く感じるのも、最初だけ。一度クリアすると、少し放置していました。

その後、無料の2週間オンラインコードがXBOX360に同梱されていたので、「暇だし、使ってみるか」という感じで、ロストプラネットのオンラインに参加してみました。

 

いざ、プレイしてみると、そこには、人がたくさんいました。

当時はオンラインゲームが確立され始めた頃で、本当に目新しく感じました。

 

めちゃくちゃ倒されるのですが、なぜか楽しいんですよね。あの感覚は今でも忘れません。

「楽しい」の一言に尽きました。

 

時間を持て余すという、今では考えられないような、精神状態でしたが、とりあえず、「ロスプラ上手くなりたい」という欲求を抑えることができず、日夜ぶっ続けでプレイしていました。

 

一時期、ランキングも気にし出すようになり、日本でのランキング15~20位ぐらいに食い込んでいたぐらい、やりこんでいました。やり過ぎやろ。ほんま。

 

ロスプラつながりで、友達がたくさん増えた

毎日、やり続けていると、努力でいう、「積み上げ」が出来ている状態なので、環境が変わり始ました。(笑)

それは、「友達がたくさん増えた」ということです。

 

この頃は、すでに対人恐怖症も克服し、チャット上で、ワーワー言いながら、ゲームをしていたのを覚えています。

毎日がお祭り状態で、姉にガチでキレられました。

一人暮らしをしていた時は、隣の人にキレられ、エレベーター前の掲示板に警告が出される始末でした

 

本当に申し訳なく思います。

当時も、反省し、しばらくの間、チャットは辞めました。

 

でも、そんなお祭り状態の毎日、楽しかったです。

そん時にゲーム実況とかやればよかったんですけどねー。

 

友達が増え、実際に会いにいくことにもなりました。

東京や広島に行ったりして、とても楽しかったです。一人身の醍醐味ですよね。自由に行動ができます。

 

チャット上では、毎日色んなことを話していましたが、始めて会うにもかかわらず、僕のことを信用してくれて、家に止まらせてくれたり、ごちそうしてくださったり、本当にお世話になりました。

良い思い出をいっぱい作れて、今でも感謝しています。

 

ロストプラネット2でオワコンになって助かった

この話は、まだWEBエンジニアに転職する前の話ですが、「さすがにこのままではマズいな」と考えるようになりました。

働いてはいたのですが、しっかりと将来のことを考える心の余裕が出てきた、そして、精神が回復してきた証拠でした。

 

ゲームが良くも悪くも「習慣化」されていたので、相変わらずやり続けていたのですが、「ロストプラネット2」が発売され、オワコン化し、オンラインゲームを少しコントロールできるようになりました。

逆に面白くないものをリリースしてくれたおかげで、抜け出すことができるようになりました。

 

ロストプラネットは3まで続きましたが、3に至っては、購入すらしていません。

鬼のように、初期のロストプラネットは中毒性がありました。

 

まとめ

  • ゲームも使い方次第。実況など、価値を提供できれば、尚良し。
  • 時間を消化するだけのやり過ぎは禁物。

 

では、今回はこの辺で。

-LIFE, STORY
-

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG