Linux サーバー 環境構築

Virtualboxインストール手順【Windows10】

 

こんにちは。ふわふわしょうちゃんです。

 

今回は、LinuxなどのOSを、仮想環境で自由に勉強できるようにVirtualBoxのインストール手順を記したいと思います。

 

想定環境

Windows10

 

VirtualBoxとは?

VirtualBoxは、オラクル社が提供する仮想化パッケージで、正式名称は「Oracle VM VirtualBox」と言います。

使用しているOS内に、仮想環境を構築し、OSをインストールして、利用することができます。

ITが全く始めての方には、頭を混乱させる概念です。慣れれば、自然に理解できます。

 

僕が、WEBエンジニアになりたての頃、WEB開発環境として、一番始めに取り掛かったのが、「VMWare」というVirtualBoxとは、また別の仮想環境を構築するためのパッケージを使用していました。

安心してください。もちろん、メダパニ状態です。

 

なぜ、VirtualBoxなのかは、現在の普及率としては、VirtualBoxの方が上だと感じているからです。そして、手軽です。

 

より、プロフェッショナル向けなのがVMWareシリーズだと考えておいてOKだと思います。

仮想化マシンだけでも、沢山の種類があるので、奥が深いです。興味のある方は、深堀りするのも楽しいですよ。

 

VirtualBoxダウンロード

早速、VirtualBoxをダウンロードします。

 

VirtualBoxダウンロード

https://www.oracle.com/jp/virtualization/technologies/vm/downloads/virtualbox-downloads.html#vbox

 

オラクル社のダウンロードページです。

 

各OS環境に合わせて、ダウンロードしてください。

 

VirtualBoxインストール

ダウンロード後、インストーラーを起動します。

「Next」をクリックして次へ進みます。

 

次は、セットアップ構成のカスタマイズです。

基本デフォルトのままで良いです。インストール場所などに問題がなければ、「Next」で次へ進みます。

 

次は、ショートカットなどの選択です。

僕は、頻繁にVirtualBoxを利用するわけではないので、デスクトップだけにしました。

あと、ファイルの関連付けもしておいた方がベターです。後は、好みに合わせて選択してください。

 

次は、ネットワークリセットの警告が表示されます。

訳: VirtualBox機能をインストールすると、ネットワーク接続がリセットされ、一時的にネットワークから切断されます。

ネットワーク再起動に問題がなければ「Yes」を選択して、次へ進みます。

 

インストールの準備が整いました。

「Install」ボタンを押して、インストール開始します。

 

下記の様に、仮想環境はWindowセキュリティに引っ掛かります。「インストール」をクリックして、続行しましょう。

 

無事にインストールが完了するはずです。

VirtualBoxを起動したいので、チェックボックスにチェックを入れたまま、「Finish」をクリックします。

 

VirtualBox初期画面です。

無事にインストールが完了しました!

 

最後に

今回はVirtualBoxのインストールまでを紹介しました。すでに分かっているかもしれませんが、これだけでは、VirtualBoxを活用できません。

仮想OSのイメージを取得し、セットアップをする必要があります。

 

続きはコチラ。

 

じゃ、そーゆうことで!

-Linux, サーバー, 環境構築
-

© 2021 FuwaFuwaShoChan BLOG